12球団一、ホークスのノック

スポンサーリンク
ソフトバンクホークス

12球団一のノック

西日本スポーツでは、野球解説者の小久保裕紀さんが、
ホークスのキャンプ地を視察して
下記のようなコメントをしていました。

「やっぱりこのチームのノックは12球団一やな。
俺は全球団のキャンプを見て回るから、よく分かる。
まだキャンプ第2クールで体力があり余っていることを差し引いても、
みんな一つ一つの動きがキビキビしているし、声も出ている。
このノックを見るだけで、このチームがなぜ強さを維持できているかが分かるよ」

チーム愛に溢れるていて、ファンとしても流石元キャプテンと
言いたくなるようなコメントです。

王会長がホークスをここまでのチームにした第一人者ですが、
その一番弟子は小久保さん。
秋山幸二さんに続き、ホークスの2代目キャプテンに就任、
間違いなくミスターホークスと呼ばれる人物です。

高木豊さんのyoutubeでも、ホークスのキャンプの声出しは
絶賛していて、色んな評論家もホークスの練習やノックには太鼓判を押しています。
今では、球団名物となったこの活気あるノックですが、
その土台を作ったのは間違いなく小久保裕紀さんでした。

小久保さんは、1993年のドラフト2位(逆指名)でホークスに入団、
当時はまだ今のような競合チームではなく、万年Bクラスの弱小球団でした。

ただ93年には世紀のトレードで秋山幸二さんが、ホークスへトレードで入団、
平和台から福岡ドームへ本拠地を移し、
1995年には王監督誕生とホークスの転換期でした。

また、内野手では史上最高のスイッチヒッターと言われた松永浩美さんや、
西武のリーダーだった石毛宏典もホークスに入団し、弱小球団からの
脱却を図っていた時期でした。

期待された小久保さん

そんな中、石毛さんや松永さんがキャンプ中元気が無い、これをどうにかしようと
考えて出した結論が「怒られ役を作る」という事でした。
その役に指名されたのが小久保さんで、小久保さん自身も強いチームに
したいという想いがあり、これを快諾。
ただ、その当時のヤジはここまで言われないといけないのか、
と思うくらいのベテラン選手からのヤジだったそうです。

ただ本人も自分なら大丈夫と信頼してくれた先輩たちの期待に応える為、
必死になっていたそうです。
そして後のレジェンドの井口、松中、城島、柴原など
多くの若手選手が小久保さんに続いていきました。

今年から特別アドバイザーに就任した城島さんも、
「ホークスの新たな伝統を築いた若手の中心が間違いなく小久保さん」
と尊敬しています。

小、中、大学、ホークス、ジャイアンツと全てのチームで主将を任せれた
ファンからもキャプテンの愛称で呼ばれる小久保裕紀さん。
(高校時代はピッチャーだったので副主将)
日本代表の監督も務めた経験もあり、やはりファンとしてはもう一度
ホークスのユニフォームを来て監督をして欲しいものです。
(個人的には秋山さん同様、最初2軍監督で、次に1軍監督)

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ 




 

ソフトバンクホークス
スポンサーリンク
ホークス応援ブログ