里崎さんが語るホークス

スポンサーリンク
ソフトバンクホークス

里崎智也さんと言えば、野球評論家としても活躍していますが、
現在ではバラエティー番組、youtubeチャンネルなど、
おそらくロッテ史上一番メディアに出てる人物です。

キャッチャーならではの視点で行う解説は当然好評なのですが、
その持ち前のトーク力はさらに凄く、現在ではミスター副音声の異名を持っています。
(タレントのザキヤマさんとのコンビはもはや居酒屋トーク)

そんな里崎さんですが、現役時代の活躍も当然凄かったです。
とくに2006年第一回のWBCでは、王会長にバッティングを買われ正捕手として出場し、
大会ベストナインにも選ばれるほどの活躍でした。

現役時代はロッテ一筋、2003年から2012年までは60試合以上に出場し、
打てる捕手として出場して長年ロッテを支えた人物です。

里崎さんから見たホークス

そんな里崎さん、2005年の下剋上はホークスファンにとっては苦すぎる思いでですが、
ホークスには感謝していると自身のyoutubeなどでも語っていました。

里崎さんが現役時代のホークスは、斎藤和己、和田、杉内、新垣の4本柱が先発に君臨。
打線は小久保、松中、城島、井口とレジェンドを筆頭に、柴原、本田、川崎など、
足も守備も良い選手が勢ぞろいでした。
(この時代から他球団ファンを震え上がらせていた戦力)

里崎さん自身も
球場は千葉マリンスタジアムに育てられたけど、
チームとして僕を育てくれたのはホークス。
凄いバッターを抑える為に研究し、凄いピッチャーを打つ為にバットを振り、
足の速い選手を刺す為スローイングの練習をした
と語っていました。

さらに思い入れも強いのか、チーム別ベストナインを選ぶ際、
自身が在籍したロッテの次に選んだのがホークスでした。
里崎さんが選ぶホークスベストナインはコチラ
投手:斎藤和己
捕手:城島健司
一塁手:松中信彦
二塁手:井口資仁
三塁手:小久保裕紀
遊撃手:川崎宗則
外野:柳田悠岐、長谷川勇也、柴原洋
他球団ながらも選手がポンポン出てきて、ホークスファン納得のベストナインでした。

ホークスを大絶賛

また、他の解説者が「ホークスは選手層が厚い」の一言で済ますところ、
ちゃんと「ホークスは2軍3軍の競争が激しく、競争に勝った選手しか1軍に行けないので、
ホークスの選手は活躍する、そこがホークスの強さ」と語ってくれています。
キャンプに行った時も、
ホークスはベテランが先頭に立って走ったり、
ノックを受けたり、声出しをしている、これはホークスだけ。
技術は簡単には付かないから練習する姿勢を見ているけど、やっぱりホークスは凄い
とべた褒め。
他にも動画では、3軍のすばらしさ、ホークススカウトの方針など、ずっと褒めています。

何か他のチームの選手がここまで褒めてくれると、ファンとしては嬉しいものです。
(もっと里崎チャンネルでホークスを語って欲しい・・)




にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ 




 

ソフトバンクホークス
スポンサーリンク
ホークス応援ブログ