達川さんと甲斐拓也

スポンサーリンク
ソフトバンクホークス

甲斐拓也選手曰く、
選手とコーチの関係ではなかった、
あれほどまで愛情を注いでくれた人はいなかった
と感謝しているのが、2017年、2018年ヘッドコーチを務めた
達川光男さんです。

ホークス正捕手問題

2016年11月に細川選手が対談し楽天に移籍し、
2017年はホークスの正捕手はチームの課題と言われてましたもんね。

そこで現役時代も名捕手で、監督やコーチ経験も豊富な達川ヘッドが、
次の正捕手に抜擢したのが甲斐選手!

当時から強肩だったのですが、達川さんが甲斐選手を抜擢したのは、
「マシーンの投げるボールをインコースに合わせといて、
それを真ん中に付近に寄せるようにキャッチングする練習をしていたから」との事。

また、キャンプの朝食時、甲斐選手は6時には朝食を取っていたそうです。
ちなみに柳田選手は眠そうな顔で8時頃朝食
毎日早起きして朝食を取る甲斐選手を達川さんは、絶賛していました。

朝食を早く取るという事は、その分早く起きなければならない、
そうすると自然と就寝時間も早くなる、準備を大切にし野球を第一に考えている」と。
(このエピソード甲斐選手の良いところ詰まってて、大好きなんですよ♪)

他の捕手と違い頭を使いながら練習する姿勢、
そして野球に対し真摯に取り込む甲斐選手。
千賀、東浜と期待の若手投手と組んで育てようという方針になったのです。

当時は誰も正捕手ではなかったので、工藤監督もダメなら変えればという考えもあったそうですが、達川さん、吉鶴コーチが必死に継続して使う事を提案していたそうです。
(やっぱり達川さん良いわ)

気にかけてくれた恩師

育成6位入団で、ドライチ同期入団の山下選手と常に比較され、
先輩ピッチャーには小さくて投げにくいと影口叩かれた事もあった甲斐選手。
自分の練習する姿勢や、取り組みを褒めてもらった事がなく、
そこを見てくれてたのが嬉しかったとコメントしていました。

また当時の登録名は「拓也」だったんですが、達川さんから
拓也ではなく12球団で一人しかいないんだから、「甲斐」にしたら?
とアドバイスしたところ、即決で変更したそうです。

必死に努力して、自分のアドバイスは素直に聞く甲斐選手を
「孫の様な感じ」ともコメントしていて、ファンとしてもうれしい限り。
(もっと色んな所で褒めまくって欲しい)

そして今年から、ホークスのレジェンド城島健司さんが復帰しましたが、
間違いなく甲斐選手のプラスになると断言していました。
捕る投げるは凄いけどリード面に関しては、まだひよっこ。
ただジョーのアドバイスでひなになる」と断言していました。

もう楽しみすぎです!東京オリンピックの決勝は千賀が投げて、甲斐が捕って、マッチが打って声出して、甲斐野が引き継いで、周東が走る!あー、そんな東京オリンピックにならないかなー。




にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ 




 

ソフトバンクホークス 甲斐拓也
スポンサーリンク
ホークス応援ブログ