月刊ホークス 松田宣浩

スポンサーリンク
ホークスローカル番組

深夜番組なんで、中々リアルタイムで見れない月刊ホークス。前回の千賀甲斐のバッテリーが2020年最後かなぁって勝手に思ってましたが、最後は我らのマッチが締めで、2020年のシーズンやホークスの伝統を語ってくれる回でした。
タイトルもよかったですよ~強き伝統継承へ 熱男が描く野球道~

練習試合でのデットボール

コロナで調整も遅れたし、無観客での試合が続いた開幕当初。中々松田選手の状態が上がらなかったんですが、やっぱり練習試合で頭部に受けたデットボールの影響を語ってました。シーズン中には口にすることは無かったんですが、プロに入って初めてモロ頭に当たってしまい、どうしても前で捌くバッティングに影響が出てしまったと。

もうね、TV見てやっぱりなと思いましたよ。まぁ松田選手の何が凄いかって、シーズン中は口にしないし、そんな状態でもずっと声出してましたもんね。あまり工藤ホークスが好きではないであろう、デーブ大久保氏ですら、ずっと「マッチの声はホント良く聞こえる」と大絶賛。

ネットニュースでも稲葉監督がマッチの存在の大きさも語ってましたし、自分が調子上がらない中でも出来る事を全力でする松田選手、もうね2020年最後の月刊ホークスにふさわしかったですよ。

松田選手が語るホークス

小久保ヘッドがホークスに帰ってくるという事で、松田選手がホークスの伝統について語ってくれてました。2011年始めて松田選手が優勝を経験した時を振り返り、「当時は小久保さんや松中さんに優勝を経験させてもらった。で、2014年は柳田選手や中村晃選手に今宮選手と言った若手が台頭してきたときに、内川選手と共に先頭に立って優勝を経験させれた」と。

特にあの三人には期待しているとも話してました。
もうね、流石よマッチ!2020年柳田選手と中村晃選手が大活躍、中村晃選手も
松田さんにそう言ってもらえるのは嬉しいし、より一層しっかりしないといけない」と強く語ってくれてました。(こういうのがホークスの良い所よ)

内川選手や同年代の選手への想い

そして番組最後の方で、インタビューアーから内川選手の事を振られてましたが、第一声が「寂しい」でした。2010年代は内川選手と二人で先頭に立って常勝ホークスを引っ張ってくれたし、家族ぐるみでの付き合いもあり、ロッカーも隣。やっぱり特別な感情を持ってるんやなーと画面見るだけでも伝わってきました。

ただ、川島慶三選手や長谷川選手の名前を挙げ、これからもまだまだ若手に負けない様頑張って行くとも語ってました。もうね、ホント頑張って欲しい。ていうかマジでオリンピックあったら選ばれて欲しい。世代交代とかも言われてますが、コーチもベンチに入れる人少なくなるみたいやし、短期決戦って雰囲気も大事じゃないですか?特に日本シリーズ見てると、ベンチのムード全然違ったし、マッチ必要やと思うんですよ・・・

 

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ 




 

ホークスローカル番組
スポンサーリンク
ホークス応援ブログ