尾形崇斗投手、支配下に期待

スポンサーリンク
ソフトバンクホークス

キャンプも第三クールに入ってきたソフトバンクホークス、
今年は城島さんが球団復帰などで例年以上盛り上がっています。

そして、週末にはfunfunスポーツ、夢空間スポーツでは
ホークス期待の選手を紹介していますが、育成出身の尾形崇斗
の特集がどんどん多くなっています。

funfunスポーツでは尾形投手の、トレーニング方法が紹介されていました。
ウエイト重視になっている現代で、尾形投手は走り込みの重要性をこのように
コメントしていました。
「最近では走り込みは必要ないみたいな風潮もありますけど、
下半身の強さってアスリートの基本だと思うんです」と

実際キャンプ初日の12分走では見事にトップ!
斎藤和己さんも、走り込みの重要性を解っているし、トレーニングに対しても
自分の考えをしっかりと持って取り組んでいると太鼓判を押していました。

2月3日には早くもフリー打撃に登板し、高田選手相手に19球投げて
ヒット性の当たりはゼロ。
そしてお互い育成で注目株の砂川リチャード選手には、1本レフト越えの
当たりを打たれましたが、リチャード選手のバットを1本へし折ってます。

早く1軍で見たい

そしてホークス+でも特集は尾形投手。
「もしプロ野球選手になっていなかったら?」
という問いに、なんと答えは
「医者になっていた」との回答・・・すげぇww

中学生時代は学年で5位に入るくらいの成績だったそうで、
極端な人生を送りたいとも話していました。

ちなみに現在つけたい番号は、素数が好きという事もあり、
江川選手が付けていた43が希望とのこと。

昨年から「第二の千賀」と評判は上がる一方、
今期の目標は一軍で90個アウトを取ることだそうです。

ストイックに走り、バチバチのホークス魂をアピールする
尾形投手、支配下登録が楽しみすぎます。
ていうか、コラスや長谷川宙輝投手の例もあるから、
逃さないでリチャード選手と一緒に支配下登録して欲しいなー。

尾形投手の背中は範馬勇次郎を思い浮かべる




にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ 




 

ソフトバンクホークス
スポンサーリンク
ホークス応援ブログ