中畑清さん、マッチが大好き

スポンサーリンク
ソフトバンクホークス

東京2020

2020年のシーズンも楽しみですが、何と言っても東京オリンピックがあります。
2019年に行われたプレミア12では、ホークスの選手は
松田、嘉弥真、甲斐、高橋礼、周東、甲斐野となんと計6名もの
選手が侍ジャパンに選ばれました。
それぞれの選手が活躍したのですが、松田選手は決勝でスタメンを外されてしまいました。

ただ、その後は必勝ハチマキを巻いて声出しをしてチームを鼓舞、
稲葉監督や金子コーチからも「マッチを呼んで本当に良かった」とコメント。
他にも各メディアや、元日本ハムの岩本勉さんもその姿勢を讃えてました。

マッチに期待する中畑さん

そんな松田選手を現役時代の自分と重ね、応援しているのが中畑清さん。
中畑さんは現役時代、長嶋茂雄さんに憧れ、派手なガッツポーズや、上手な歌などで
ファンを盛り上げた大スターです。
当時の異名は「絶好調男」
監督としても筒香選手を育てたり、ファンサービスも積極的に行い、
DeNAを強くしたりと監督としての実績もあります。

2019年グッと!スポーツでは、
「大好きな選手、こんな風に実力があってさらに盛り上げる選手が球界には必要」
と大絶賛。

そして「SPORTS ウォッチャー」では、監督だったアテネ五輪で負けた時、
試合で劣勢の時チームの雰囲気が暗くなってしまっていた、
チームを盛り上げる選手を作れなかった、ぜひ松田選手を選んで欲しいと
コメントしていました。
対談中も「俺たちかぶるよねー」と嬉しそうに話す中畑さんw

東京オリンピックでもサードを!

2013年WBC、2015年プレミア12、2017年WBC、2019年プレミア12と、
収集されれば必ず代表に参加してきた松田選手。
常に声を出し、チームを鼓舞するその姿勢は他球団のファンも認めていて、
マッチがウチのチームにいれば・・・と羨む始末。

選手会新理事長にも就任し、名実ともに球界の顔になった松田選手。
三遊間でコンビを組む今宮選手も
12球団ナンバー1の選手、頭が上がらない」と尊敬し、
ホークスファンからも「マッチの後継者はマッチ」と
意味不明なコメント多数。

世代交代も囁かれているサードのポジションですが、
やはりファンとしては、マジで代表のサードはマッチが良いです。

声、バッティング、守備全ての面でチームを引っ張って東京オリンピックの
金メダルを取って欲しいと切に思います。
稲葉監督、松田選手を選んでください、本当にお願いします。




にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ 




 

ソフトバンクホークス
スポンサーリンク
ホークス応援ブログ