ホークス3軍はなぜ成功したのか?を読みました。

スポンサーリンク
ソフトバンクホークス

毎日毎日コロナ感染者の増加、いやいやもう盆休み大人しく家におるしかないやんな。最近活字不足だったので、噂のホークス3軍はなぜ成功したのか?を電子書籍で購入。

いやマジで面白かった。
当然ホークスファンにはメチャクチャ面白いやろうけど、これって野球が好きだったら他の球団のファンが読んでもマジで面白いんじゃないの?って思いましたよ。

今では3軍、育成選手が当たり前でホークスのブランドの一つになってるけど、その発足時とか現場の軋轢とか、なんかちょっと権力闘争みたいな感じもあってそこも読み応えがあるんですよ。
他にもホークス3軍を誘致する際の地方自治体の事も書いてあるんですけど、これも何かの企業小説かなって感じ。

後は元ダイエー戦士で、知ってる選手が背広組になってるのも嬉しいんですけど、この人誰や?って気になってウィキペディアで調べたりとかしてましたもん。
そのくらい色んな人に引き込まれる内容。

ますます甲斐選手達を応援したくなった

今回ホークス3軍はなぜ成功したのか?で取り上げられた育成選手は6人。
千賀、甲斐、牧原、石川、周東、大竹。
千賀投手の名古屋のスポーツ店主とのエピソードは、既に色んな所で知れ渡ってるけど、他の選手の知らなかったエピソードがてんこ盛りなんですよ。
特に甲斐選手のインタビューの内容が熱を浴びてるというか、本人の声がそのまま聞こえてきそうな感じなんですよ。

甲斐選手ファンの自分としては、もうね読んでたら自然と泣いてましたよ。
最初は、ちっこいのに育成から這い上がってカッケー
みたいな感じで入ったんですけど、知れば知るほど甲斐拓也を応援したくなる。
他の選手達も良いんですけど、何か別格なんですよ。
エピソードの情景とかも、あー福岡のあの場所ね、みたいな感じで思い浮かぶし、もうたまらんかったっすわ。

甲斐選手って結構色んな所で、
二度と育成からやりたくはないけど、母ちゃんのことを思えば耐えられる
って言ってるじゃないですか?
この本の1部でも良くわかりますよ、ホント並大抵の苦労じゃなかったんやろーなーって。
だからこそ、今の若手に少し苦言してる描写もあるんですけど、納得しかない。
ていうか、熱ありすぎて完全に文字から声聞こえましたもんw

今ってこの6人を筆頭にホークスの育成ってだけで確かに注目されてる感じありますもんね?なんか入ってしまえば対等、ドラフトの順位なんか関係ないって。ただ、それってこの選手らを筆頭に成功したからなんやなーって改めて思いましたよ。

なんか色んな人にありがとうと言いたくなる

育成の発足や、ホークスの歴史などが詰まっていて、特に王会長、根本さん、孫オーナーにはホントありがとうと言いたくなる。
いやー、マジで色んな人に読んで欲しいですよ、ホークス3軍はなぜ成功したのか?
簡単に金満球団で片付けられないエピソード多数、金があるからだけでは10年の内6回も日本一なれるわけないやんな。ホント、ホークスが福岡にあって良かった。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ 




 

ソフトバンクホークス 甲斐拓也
スポンサーリンク
ホークス応援ブログ