ホークス育成の田城飛翔外野手が楽しみ

スポンサーリンク
ソフトバンクホークス

打の育成はもう一人、田城飛翔(たしろ・つばさ)外野手もいます。

神奈川県平塚市出身、高校は巨人坂本選手とおなじ八戸学院光星高等学校へ進学、
2016年育成選手三巡目で指名されています。

リチャード選手がパワーなら、田城選手はミート力とスイングスピードです。
2019年ウエスタンリーグで3・4月度の月間MVP、一時は首位打者にもなっていましたし、
ファンの間でも今年支配下あるのではとになっていました。
実際は支配下は見送られることになり、支配下になったのは仲の良いコラス選手。
それでもこのシーズンは二軍公式戦に112試合出場し、打率.307をマークでリーグ2位の記録、
またリーグ最多安打となる108安打を記録しています。
現在コラス選手が行方不明の為尾形投手、リチャード選手と共に
支配下を期待されている若鷹です。

中村晃選手との自主トレ

この田城選手の飛躍のきっかけとなったと言われているのが、
みんな大好きな中村晃選手との自主トレです。

実際中村晃選手って、他球団なら打順も守備も固定してもらえるほどの選手でしょ!
レフトの守備上手いし、ライトも守れてファーストも守れる、
打っては粘ることも出来るし、一発もある超万能選手。
あまりの使い勝手の良さに打順も固定されないけど、作戦めちゃくちゃ出しやすいと
達川元ヘッドも絶賛してたしね。
プロ野球ニュースでも田尾元楽天監督が「中村晃はわき役じゃない」って
言ってたし、里崎さんもホークスベスト9の候補に入るって言ってたし。

黙々と凄まじい練習をこなす中村晃選手を見て、自身の取り組みを見直したそうです。
ちなみに高校時代も、田城選手はABCDの4組に分けられた中では一番下のDから始まり、
そのスイングを見初められてレギュラーになりました。

ただ、外野はギータ、グラシアル、バレンティン、晃、上林、ハッセと
恐ろしいほどの激戦区です。(他球団なら全員バリバリの主力のメンツ)
それでも高校時代と同様、プロ野球に入っても這い上がってレギュラーを掴み取って欲しい!




にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ 




 

ソフトバンクホークス
スポンサーリンク
ホークス応援ブログ