ドライチの期待感は特別

スポンサーリンク
ソフトバンクホークス

2019年のシーズンはドラフト1位で入団した甲斐野投手が大活躍でした。
大学でもクローザーをしていたこともあり、1軍抜擢、そしてなんと開幕戦での
1軍デビュー、さらには勝利投手と華々しいデビューを飾りました。

その後の活躍は、周知の通りで勝ちパターン定着、日本一、プレミア12で世界一
と他球団ファンからも絶賛の嵐でした。
さらに今年は高橋純平投手も飛躍し、育成だけでなくドライチの活躍が目立ちました。

田中正義に期待したい。

次々とドライチが活躍する中、次にファンが期待している選手はそう、「田中正義投手」です。
あの大谷翔平選手と同い年、2016年ドラフトでは、
広島、巨人、日本ハム、ソフトバンク、ロッテの5球団が競合となった選手です。
大学時代プロ相手に7連続三振をとった事があり、最大の目玉の選手でした。

見事に工藤監督がくじを引き、
「日本を代表する投手を目指してほしい。戦力として考えている。
開幕投手を目指すくらいのつもりで頑張ってほしい」とコメントしていました。

しかし2017年3月に右肩に違和感を覚えリハビリ組へ、ちなみに1軍登板はなし。
2018年キャンプオープン戦と好調で4月1日には一軍デビュー、その後中継ぎで10試合
ほど登板するも体調崩し2軍へ、以降は1軍登板なし。
2019年も1軍での登板はわずか1試合となっています。

プエルトリコへ武者修行

2019年活躍した高橋純平投手も、プエルトリコでの武者修行をきっかけに飛躍しました。
そして田中正義投手も杉山投手、三森選手と共に2019年のプエルトリコのウィンターリーグ
へと旅経ちました。

その結果は、12月14日時点で主に先発として6試合に登板して2勝1敗、
防御率1.80の好成績を残しています。
(これはもうジャスティス感覚掴んでますよw)
ネットではファンも2020年のジャスティスは期待!とコメントが多く寄せられています。

プエルトリコに行ったホークスの選手は、
プエルトリコでプレーしたら、野球観が変わるよ」と言っています。
その言葉通り、柳田選手や塚田選手など、
プエルトリコでプレーして飛躍した選手は数多くいます。
今までメンタル面が課題と言われてきた田中投手、異国でのプレーを期に覚醒したのでは!

ファンからもジャスティスの愛称で期待値の高い田中正義投手、
自主トレでは3キロの増量に成功し、体重は人生で最も重い93キロに。
本人も「これだけやっても駄目ならしょうがないと思えるくらい追い込んだ」
という充実したオフを過ごしたようです。
キャンプでも大学の先輩である石川投手と共にA組に抜擢されていて、
期待値は高まるばかりでした。
しかし2月4日右肘違和感の為にリハビリ組へ・・・
ただそれでも今年の田中正義を僕はペイペイさんで見たいです。




にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ 




 

ソフトバンクホークス
スポンサーリンク
ホークス応援ブログ